HOME

 サイトの運営とペアで語られる”SEO対策”という言葉。
少し前までは聞きなれなかったこの言葉があっという間に定着してしまいました。

それほどまでにサイトの運営者は多く、それぞれが試行錯誤している
ということなのでしょう。

ネットが急速に普及し、とにかく沢山のサイトが存在するようになりました。
スマートフォンの普及も相まって、ネットを利用する人も急激に増加しています。

スマホの普及

老若男女問わず、ネットを利用しないという人の方が少ないでしょう。
そんな中でサイトを運営し、軌道に乗せることは決して簡単なことではありません。

だからこそ、SEO対策が注目されているのです。
だからといってすべてのサイトが正しいSEO対策をできているわけではありません。

また、SEO対策が広まると同時に、検索エンジンのアルゴリズムも
以前よりさらに複雑化し、厳しくなってきています。

複雑化

そのため、少し前までは有効的と見られたSEO対策も
今では悪質なサイトとしてペナルティを課せられる可能性があります。

このようなことを防ぐためにも、常に万全な対策を
慎重に取っていく必要性があるのです。

未だに何の対策もしていないサイトももちろんかなりの数存在します。
その理由はなんでしょうか。

もし、あなたがSEO対策という言葉を幾度となく耳にしながら、手を出せずにいるとしたら、原因はなんでしょう。

「実はよくわかないから・・」なんて理由だとしたら、損をしています。
サイトの売上が伸びない。
サイトへのアクセスが増えない。

こうしたことをSEO対策が解決してくれます。
今日はSEO対策の基本について勉強しましょう。

Googleペナルティを受ける原因は?自動ペナルティ・手動ペナルティの違い

サイトの運営をするにあたって、多くの人に訪問してもらうため、商品やサービスを購入してもらうために必要なSEO対策には気をつけるべき点があります。
それがGoogleペナルティです。

Googleペナルティというのは、低品質なサイトが検索の上位に表示されて、Googleを利用するユーザーに不利益を被ることがないようにするための処置です。
具体的にペナルティが課せられたサイトは検索順位が著しく下がったり、検索結果に出てこなくなります。

その処置は、「ウェブマスター向けガイドライン」という品質に関する基準に違反しているサイトに対して行われます。
具体的にどのようなことがGoogleペナルティを受ける原因になっているのかというと、低品質のコンテンツを掲載していること、不自然なリンクが張られていることがあります。

低品質のコンテンツというのは、どこかのサイトからコピーをしてきた文章だけしか記載されていなかったり、日本語として意味をなさない文章が羅列していたり、同じことを繰り返し書いているだけといったものです。そのような内容であれば、サイトを訪れる人は欲しい情報を何も得られません。
不自然なリンクについてはサイトであれば、同じジャンルのサイトであったり、レビューサイトからリンクが張られます。でも低品質なサイトだと、商品の宣伝しか書いていないアフィリエイトサイトやただリンク数を増やすためにつくられた中身のないサイトからリンクばかりで不自然な状態です。

もちろん、高品質なサイトでもアフィリエイトサイトなどからリンクを張られることはありますが、コンテンツが充実しているサイトからのリンクが割合としては多いので、不自然なリンクを張られているとは判断されません。
Googleペナルティには自動ペナルティと手動ペナルティの2種類があり、自動というのはGoogleのアルゴリズムが自動的にガイドラインに違反しているかどうかを判断して処置を行います。そして手動ペナルティはGoogleのスタッフが、サイトの中身を確認してからの処置です。

この2つの違いは、サイトの確認方法だけでなくペナルティの程度にもあります。
自動ペナルティの場合には、軽い違反を発見するためのものであり処置も検索順位が下がりますが大したものではありません。

しかし手動ペナルティのほうは悪質性があると判断されてしまうので、検索結果に出てこないとか圏外になるといった重い処置になります。
手動ペナルティの場合には一定期間で解除されますが、サイトの内容を修正して再審査を申請すれば早期に解除されることがあります。

自動ペナルティは、再審査を申請することができないので修正してからひたすらに待つしかありません。